ニュースリリース

2015年1月10日

【TV】夏目と右腕 (テレビ朝日)

ランチパスポートがどのように爆発的に全国に広まったのか?

最初は高知のタウン情報誌ほっとこうちの人気企画の一つであったが、タウン情報誌まつやまを作るSPCという企業と手を組む。

その編集長三澤剛史の右腕が新店舗開拓担当平川記代。1ヶ月で100店舗も開拓するという。その新店舗開拓に密着する。

平川さんがランチパスポートが全国に広まった理由を語った。ランチパスポートを出版する会社は各地で異なり、60万円を払わないといけない。

各地のランチパスポートの違いを紹介。ランパスヒットの理由は簡単に本を作るシステムを導入したからである。そのシステムを平川さんが教えてくれる。

ニュースリリース一覧へ戻る